P-Study System を Dropbox と連携させて、学習履歴を共有する

P-Study System を使って単語の勉強をしていると、特定のPCだけでなく、別のPCでも学習履歴を共有したいと思うようになる。例えば、自宅のデスクトップとモバイルPC間だったり。

まさしくズバリ公式FAQに記載がある。

Ver.7 以降の場合

問題集と学習履歴データは全て database.pssdb7 ファイルに記録されています. (Ver.6 以前で使われていた translog.psslog5 ファイルは database.pssdb7 ファイルに統合されました)

通常はマイドキュメントの P-Study System フォルダ内に database.pssdb7 ファイルがあります.

このファイルをコピー先の PC にコピーしてください.

ただし,ファイルをコピーするだけではコピー先のパソコンで履歴を見ることができません. PSS の「利用者」をコピー元の「利用者」と同じにする必要があります.

「利用者」とは,PSS のインストール時に設定した名前です.

PSS のメニューの [ツール]->[利用者の追加・変更・削除] を選び,コピー元と同じ利用者を選んでください.

Dropbox と連携させる方法

上の図のように共有したPC側で、データベースファイルの指定を Dropbox フォルダ上に指定すればOK。ただし、各PCで利用者を同じ名前にする必要がある。

おまけ:単語勉強状況

P-Study System を使った単語勉強状況。

金フレの600点レベル、730点レベルの合計700語を登録して、2週間ほど勉強した後の状況。
毎日やっているとやらないと気持ち悪くなってくる状況になってきた。とりあえず、全部AAになるまでは、730点レベルまでの単語学習に集中する予定。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>