Part5,6 の勉強方法

Part5,6 といえば、文法。

文法を一から勉強し直す方法をこちらの本をベースに整理してみる。

まずは、大まかなステップ。

  • 頭で理解
  • 覚える
  • 実際に使える

ステップ1: 頭で理解

まずは、英文法を頭で理解する。

  • 文法書を読んで、曖昧・未知な部分に下線を引く。(1-2日で集中的に)
  • 上記の曖昧・未知な部分を理解・覚える(1週間程度)
  • 復習時に忘れた部分をマーキング
  • マーキング部分のみ復習。これを忘れた部分がなくなるまで繰り返す。

私が使った文法書は、以下。

ブックオフで、半額ぐらいで購入。
まあ、安いので、定価で買ってもいいかと。

ステップ2:覚える

問題演習を通して、ステップ1で理解、暗記した内容が、理解できているかを確認する。

この際は、文法書での復習がしやすく、また弱点分野を明確にするために、問題集は文法別のモノがオススメとのこと。たしかに網羅性という意味で、その方が偏りなくチェックできそう。

  • 問題集を解く(数日間)
  • 曖昧・不明かどうかの仕分けをする。この際、自信+正答以外はすべて要復習チェックをいれる。
  • 上記の曖昧・不明問題を復習。自信+正答以外のチェック。何度も間違ったら、何度もチェック。(チェックが多い=苦手)
  • 以降、自信+正答以外がなくなるまで繰り返す。

問題演習は、使う文法書の問題集があれば、それを利用するのがいいですね。文法書に載っていない問題はないでしょうし。ということで、forest を使う場合は、↓を使うのが妥当。

他にも、こちらの組み合わせもいいかと。

ステップ3:実際に使える

ここの実際というのは、TOEICでと理解。

  • TOEIC文法問題の解き方を学ぶ。こちらの本が良さそう。
  • 問題を解くスピードアップ。1問30秒程度。正答率90%以上を目指す

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>