リーディングの勉強方法

真剣に英語を勉強しようと思って以来、12月の受験で、受験回数が6回になりました。そこで点数をあげるのに必要だと思ったことに、リーディングのスピードアップがある。

リーディングスコアですが、結構ぶれがあり(290,340,310,370,395)、これを安定させることで安定して高得点がとれるかもという推測。ぶれがでる要因は、Part7で塗り絵の量につきる。

直近だと、以下の通り。

2013/10/12 750 (L355 R395) 塗り絵 00
2013/10/02 740 (L370 R370) 塗り絵 12
2013/06/01 660 (L350 R310) 塗り絵 10
2013/03/09 640 (L300 R340) 塗り絵 00
2012/12/11 555 (L265 R290) 塗り絵 15

リーディングについては、塗り絵がない場合は結構高い得点をとれそうな結果に。ということで、そろそろリーディングスピードアップを重点的に鍛える時が来たと自覚。

今回もこちらの本をベースに勉強方法を模索。

スラッシュリーディング

前から読んでいくことに慣れることが肝要。そのために、スラッシュリーディングの練習を行う。

  • リーディング素材を用意する(Part3,4)
  • 不明な単語、熟語、文法を調べる
  • 不明な単語、熟語、文法を覚える
  • 主語、述語に下線を引く(= 文の構造を理解する)(*1)
  • 素材としては、40ダイアグラムぐらい。
  • 最後に、リーディング素材にスラッシュをいれていく。(*2)
  • スラッシュ毎に英文を理解する
  • 全体の意味をとらえる

(*1)
主語を四角で囲い、述語を下線にする。
slash-reading

(*2)
スラッシュの入れ方は、自分の理解しやすいところで切るでOK!
切るところに悩んだ場合は、音声の息継ぎ部分を参考にしてみる。

スピードアップトレーニング

スラッシュをいれたダイアログを元に、リーディングを行う。
おおよそ200語/分が理想。この速度だと試験時間が5分あまるぐらいのスピード。

  • ダイアログことに何語あるかを数え、ストップウォッチで何秒かかるか測定する。
  • 200語/分で読めるまで何度も繰り返す
  • 合計100ダイアログ頑張る

100ダイアログ完了後は、定期的に 3ダイアログ/日ぐらいやることで、スピードを維持すること。
また、テスト1,2週間前にも集中してやると効果大!

素材

  • TOEICテスト新公式問題集〈Vol.5〉 の Part3,4 40 ユニット
  • 新TOEIC TEST パート3・4 特急実力養成ドリル 40 ユニット
  • 新TOEICテスト一発で正解がわかる 基礎編 Part3,4 16 ユニット

まずは、上記 合計96ユニットで頑張ってみる。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>