英語以前の問題

英会話レッスンをやっていたと思ったのは、英語の知識以前に気を付けなければならないことが多いなということ。

まず、レッスンが始まる前に、 Small Talk をする。何も準備していないと、あわわって感じになるので、その日のニュースをチェックして、事前に話をする内容を整理して英語に翻訳する。ニュースを要約して、それについての自分の意見を述べるということの繰り返し。

これに復習、宿題に加わると、だいたい2時間ぐらいかかる。だんだん慣れてくるが、英語以前に小話というか世間話をするということ自体、日本語でもあまりしない人(私もそのひとり。。)にとっては、結構心理的に疲れる。反面、すごく勉強になる。なぜなら、自分がよく使う言葉の語彙を広げることができ、次回以降の翻訳作業がとても楽になるし、スピーキングも楽になるからだ。

2回目のレッスンに言われたことだが、声量を大きめにしないといけない。日本語でも大きな声あるいは、声が通る人はいいのだが、声量が小さ目、声が通りにくい人(私。。。)の場合、そもそも聞き取ってもらえない。発音もある程度声量がないと通じないので、腹式呼吸で話をしないといけない。これも英語を話す以前の課題。

最後がテンション

日本に比べると、リアクションを大げさにする必要がある。これまた、人見知りをする人間には、重荷。これとあわせて、アクティブリスニングも重要。

英語レッスンがあるときは、出勤前に、英語のダイアログを何度も音読して、テンションをあげてから行っていた。そして、レッスン中もそのテンションを継続するので、レッスン終了後はどっと疲れが押し寄せる。

他の人はどうなんだろうと思って、会社の席の隣の人に聞いてみたら、同じようにテンションを上げるために、レッスン前に栄養ドリンクを飲んでいるとのことだった。自分だけじゃなかったと思って少し安心。

ということで、英語レッスンを受ける以前に、上記の準備というか心構えしておくことをお勧めします。

レッスンする前の準備

  • レッスンごとにスモールトークのネタを準備する
  • 声が小さく、通りにくい人は、声大きめにする
  • テンションあげる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>